オシャレにカーラッピング

オシャレなカーラッピング

カーラッピングにかかる費用はいくら?

カーラッピングにかかる費用はいくら? カーラッピングとは車に様々なデザインを施すことを言います。
以前は車に好きな色を塗ったりデザインをするのは塗装が当たり前でしたが、一度塗装をするとはがすことができません。
それとは反対にカーラッピングははがすこともできるため、売却したりリースする際などにもとの状態に戻すことも可能なのです。
塗装は塗って乾かすなど非常に手間がかかり、施工時間も1週間前後かかるのが一般的なのですが、カーラッピングは最短1日で完成させることができます。
また塗装よりも細かいデザインが施せるのも特徴で、今や塗装よりもこちらの方が主流となってきています。
趣味として自分の車に加工を施す人も多いのですが、最近よく見かけるのは大きなイベントを広告するような内容を書いたものや、観光地や様々な企業の宣伝などを兼ねたものなどがあります。
費用は車のタイプによって異なります。
部分的に行うのか、車全体に行うのかによっても費用は大きく異なりますが、フル施工の場合で言うのであれば、軽自動車であれば出力代+ラミネート代で約20万円弱、施工代で約20万円弱、合わせて35万円~40万円でフル施工が可能です。
車が大きくなればなるほど必然的に費用が高くなっていきます。

カーラッピングにかかる費用を貯めるには?

カーラッピングにかかる費用を貯めるには? カーラッピングは手軽に車体をデザインできるものですが、その費用を貯めるためにはある程度手入れを控える必要があります。
とはいっても、いざカーラッピングを行う際に不具合があってはいけないので、そのために必要な手入れは行う必要があります。
まず車体は適度に綺麗に洗車しておくことが大切です。
ゴミが蓄積してしまうと、フィルムを貼った時に表面が凸凹になっています。
ワックスなど極端に綺麗にする必要はないので、ゴミが付着したら落とす程度の手入れをしておくことが大事です。
特にマフラー回りは汚れが付着しやすいので、まめに落としておくことが必要となります。
そのようにしてメンテナンスをほどよく行いながら少しずつ資金を貯めるようにすることが大切です。
また、カーラッピングには耐用年数があるので、定期的に貼り替えをすることになります。
そのために、一度施工を行ったからといって安心することなく、次の施工のための費用を再び貯めることが必要です。
カーラッピングを施した後も、通常の洗車を行うことはできます。
けれども過度に綺麗にする必要はないので、それほど手入れにお金がかかることはないものです。
そのために費用を貯めるのにさほど苦労はしないものです。

おすすめカーラッピング関連リンク

痛車・カスタムカー・ショップデモカー・営業車など、様々なジャンルのカーラッピングを提供してくれます

カーラッピングなら

新着情報

◎2017/10/18

カーラッピングにかかる料金相場の情報を更新しました。

◎2017/8/22

剥がすことはできる?
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

奥が非常に深い
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

営業車両の製作と費用
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

カーラッピングの施工例
の情報を更新しました。

「車 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

このデザインのデミオを出してほしい 仏壊れそうだし

ソニー損保を検討中の方へ。ソニー損保とイーデザイン損保の自動保険を比較してもらいました hokenwalker.com/user-voice-sny… #ソニー損保 #イーデザイン損保 pic.twitter.com/e6eOTJ5JCU

Twitterやっぱり保険のことなら保険ウォーカー@hokenwalker

返信 リツイート 17分前

最近のアメデザインってカッコいい。

四人乗りのをにとりさんに造っていただきました! デザインは完全に魔理沙さんの趣味です。 pic.twitter.com/NellBx7z08

おはようございます☀ #JackeryJapan ポータブル電源1000をに載せてキャンプ場へ行ってきた♪ このデザイン、スペーシアギアの内装と同じオレンジ色♪ 三段ラックにすっぽり入った🤣 今後、ポータブル電源の導入を考えている方いますか😃? レビューするので、知りたいことあったら教えてください! pic.twitter.com/cUAgxgsqhp

Twitterポジラボan@🏕北海道アウトドア情報を発信するCAMPフォトライター@Possi_Labo

返信 リツイート 5:30

プロダクトデザインの先生絶対が好き

返信先:@ZunDaar_Bus8 頑なにトヨタ系の日野導入を最低限に抑える新潟交通、対角のテレコムビル(新潟交通出資)を風水的に祟るように刃を向ける形にデザインした新潟トヨタ、盛んにBRT批判を繰り返しながら新潟交通から全面広告もらうと急に大人しくなる新潟日報、その因縁知らないと理解は無理でしょうね。

( ..)φ→「EVのデザインは、モーターと大容量のバッテリーを搭載するため、ガソリンと異なるケースが多かったが、208はデザインを共通にしており」【(経済ファイル)新EV、ガソリンと同デザイン PSA:朝日新聞デジタル】 asahi.com/articles/DA3S1…

( ..)φ→「仏自動大手のグループPSAは2日、8年ぶりに全面改良された小型「プジョー208」を発売した。新たに加わったEV(電気自動)はフル充電で約340km走れる」【(経済ファイル)新EV、ガソリンと同デザイン PSA:朝日新聞デジタル】 asahi.com/articles/DA3S1…

ついでにいうと,訓練CGで利用者(私)が運転しているは,トヨタ・クラウン170系に酷似していました。 カーブを曲がる練習の「映像で振り返ってみましょう」の場面で,リア(の後ろの部分)が写っていたのですが,どうみても,このランプでした。横に長いデザイン。 私は好きです。クラウン170系。 pic.twitter.com/sGpt3zXp7v